塩尻市ICT人材育成事業の「イチゴジャムで電子工作」講座に親子で参加させていただきました。
お恥ずかしながら「イチゴジャム」と聞き、パンに塗ったり、ヨーグルトにのせて食べるものだと思っており、電子工作は何だか良くわからないものでした。

基盤と接続して、コードを入力して、実行して…「あれ?動かない」「あ!動いた」。親子で喜び合いました。

プログラミングをやるのは、キーボード入力ができて、英語がわからないと無理かな。とは思いましたが、まずは興味を持ち、遊びを取り入れ楽しみながら学んでいくことが大切ですね。
1行1行のプログラムの意味を親切丁寧に教えていただいたので、子供にもわかりやすく、私にとっても良い復習になりました。

4日目は「スナバ」を見学させていただき、塩尻市のセンサーを使ったIoT事業の取り組みについてお話をお聞きしました。もっと多くの方に知ってもらえると嬉しく思います。

先生、ご関係者の皆様、本当にありがとうございました。