新型コロナウイルスで、世の中、大変なことになってしまいました。
外出時にマスクをしていない人は、冷たい目で見られるような気がしますが、マスクが手に入らないのが実情です。

そこで、使っていないガーゼタオルで立体マスクを作ってみました。
裏表を間違え、途中でミシンが壊れる(途中から手縫いに変更)、といったトラブルがあり、2枚作るのに3時間かかってしまいました。

なぜか、棚の奥から「減菌医療ガーゼ」が大量に見つかり、それを間に挟んで縫ってみました。
マスク用のゴムは、子供の顔が大きくなり、使わなくなったマスクのゴムを再利用しました。

マスク用のゴムが手に入れば、ゴールデンウィークに数枚作ってみようと思います。