COLUMN

お役立ち情報を
毎週お届け

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 起業を考えている方必見!必要とされる5つの項目

起業を考えている方必見!必要とされる5つの項目

個人事業として開業してから、早4年。楽しみながら仕事をさせてもらっている時もある半面、継続的で安定した収入が得られる仕事を求め、頭を抱える日もあります。
そこで、これから起業を考えている方へ「必要なこと」を、私の経験からお話させていただきます。地域性や業種により異なるかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。

1.自分自身の棚卸

新しいお客様にお会いする時、新しい仕事に応募する時、必ずと言って良いほど「何をしてきたの?」「何ができるの?」と聞かれます。職務経歴書を求める企業様も多いので、いつでも提示できるように用意しておいた方が良いでしょう。また、自分の強みは何かを考え、アピールできるようにしておくことも必要です。技術だけではなく、「コミュニケーション力がある」など、性格のことも大切なのです。

2.資格取得

デザイナーやエンジニアの場合、自分のプロフィールシートと一緒に、ポートフォリオ(自分の作品集)を求められる場合も多くあります。起業前から『自分だけで』何かを作っていた場合は良いのですが、そうでない場合、起業前に勤めていた会社の作品を提示するわけにはいきません。残念ながら、提示できるポートフォリオがないことは弱みになってしまいます。そこで、ぜひ頑張っていただきたいのが「資格取得」です。IT系の資格は、難易度低~高まで様々ですが、自分の知識を高め、アピールするために挑戦してみてください。

3.ホームページ

まずは、自分が起業した事業を知ってもらうことが必要です。しかし、ホームページを作ったからと言って、すぐにGoogle検索の上位に表示されることはなく、集客に繋がることは厳しいのが実情です。でも、無駄にはなりません。店舗や作業場を賃貸契約するや機材などをリースする場合、ホームページを確認して存在を証明/審査する場合があるからです。ホームページが存在していても、更新されていないと不信感を抱かれてしまう可能性が高いので、こまめに更新するようにしましょう。また、営業中に電話で連絡できない方もいるので、ホームページにお問い合わせフォームを作ることで、問い合わせしやすくするメリットがあります。データの暗号化を行うSSL化や、スマホ・タブレットでも閲覧できるレスポンシブ対応は必須です。

4.安価で使えるツールの活用

事業を始めると、会計、顧客管理、資料の作成、打ち合わせなどの事務作業も行わなければならず、本業に集中できる時間が少なくなってしまうことがあります。電子化・自動化するなどして楽に作業ができるようにすれば、紙とインクの節約、事務作業の効率化にも繋がります。しかし、システム化=高額、というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。安価で便利に使えるシステム(ツール)や、自分でサーバーを用意したり、パソコンの容量を気にしたりしなくて良いクラウド型のシステムも多数あります。「システムを導入したら負荷が増えた」では、本末転倒です。自分(自社)の規模や予算、作業内容に応じたシステムを選ぶようにしましょう。

5.できない事をできないという勇気

私は案件のご相談をいただいた時に、できない事は「できない」とハッキリ伝えるようにしています。できない理由は、工数確保や経験や技術がないことです。「できます」と言って、できなかった場合、お客様からの信頼を失ってしまいます。それが一番、怖いことなのです。
あと、お客様から「いつまでにできる?」と聞かれた場合、少し長めの期日をお伝えしています。自分や家族が具合が悪くなってしまった場合や、他の案件の緊急対応が入った場合にでも、納期を守れないと信頼を失ってしまいますからね。何事もなく、納期より早めに納品した方が、お客様に喜んでいただけます。