COLUMN

お役立ち情報を
毎週お届け

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. ホームページには何を載せたらいいの?

ホームページには何を載せたらいいの?

ホームページを作りたい、でも何を載せたらいいの?
こういったご相談を受けることがあります。

ホームページは、インターネット上の 広告看板 と考えてください。
一般的に言われている 広告にいれる内容 は以下の通りです。

  1. ターゲットコピー
  2. キャッチコピー
  3. ボディコピー
  4. メニュー
  5. リスク対策
  6. 行動喚起
  7. 購入方法


1.ターゲットコピー
ホームページを見た人に当てハマる 問いかけ です。
例)美味しい〇〇が食べられる居酒屋をお探しの方へ
  〇〇の日にぴったりのオリジナル〇〇をお探しの方へ

2.キャッチコピー
ターゲットコピーで興味・関心を持った方を、購買行動につなげるキーワード です。
例)今が旬! 〇〇を魚に美味しいお酒を!
  新作発売! 今だけ20%オフ!

3.ボディコピー
キャッチコピーを裏付ける証拠と理由です。
例)キャッチコピーを裏付ける証拠の写真
  〇〇市場の競り権があるので常に新鮮な魚介類をご提供できます

4.メニュー
販売したい商品、サービスの項目表です。

5.リスク対策
購入を検討されている方の心配を軽減する方策です。
例)ご期待頂いた効果が得られなければ全額返金いたします
  お電話一本で注文は完了いたします

6.行動喚起
購買行動に繋がるフレーズです。
例)数に限りがあります、ご予約はお早めにお願いします
  1,000個限定販売です!再販予定はありません

7.購入方法
購入方法や購入先の情報です。
お店の住所、電話番号、地図、申し込みフォーム などが入ります。


ホームページを作ったからといって、簡単に売上が増えることはありません。
但し、ホームページの作り方次第で、売れるチャンスは生まれます。
売れるホームページを作るには、デザインスキル や HP制作スキル も必要ですが、
マーケティングの知識 や 通信販売のノウハウ が必要です。

システム・カンタービレでは、HP制作だけでなく、
お客様の販売方法も含めたご相談を承っています。 お気軽にご相談ください。


ITディレクター 小林 弘樹